aura-soma@

2017年11月末で、当サロンでの「オーラソーマ®認定資格コース」&「エッセンシャルズプレゼンターコース」は終了致しました。

オーラソーマについての詳しいお問合せは(下記の新サイト)直接UKアカデミーにご連絡下さいませ。

オーラソーマ®とは?

オーラソーマ®はイギリス生まれのヴィッキー・ウォールというひとりの女性によって1983年に、彼女の瞑想の中での啓示によってこの世にもたらされました。それは、魔法を使って呼びだされたものでも、頭を使って考えだされたものでもなく、私たちの時代に意義のあるなにかをスピリットから与えられたものだったのです。彼女はヒーリングの優れた才能を持ちながら人生の多くの困難を乗り越えて世界中の人々を癒すことに人生を注ぎ、1991年に他界しました。

オーラソーマは「リヴィングエナジー(生きているエネルギー)」と呼ばれています。決まりきったものではなく、生きている、成長しているカラーケアシステムです。ボトルも現在では116本誕生し、さまざまなプロダクツも生まれ、オーラソーマの精神は現在ではマイク・ブース氏によって受け継がれヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアをはじめ世界50カ国以上の国々に広がり続けています。

本校のデヴオーラ(光の家)はアカデミーの宿泊施設付きトレーニングセンターで、英国リンカーン州の丘陵地帯にある村の1つテットフォードにあります。

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールが最も伝えたかったことは「本当の自分に戻ること」です。

そのためにはまず4本のボトルを選ぶことです。そしてそれだけで終わるのではなく、ボトルを通じて、そのカラーを自分の為に使ってあげることです。その理解と使用により、本当の自分らしく生きていくことが可能になるのです。

オーラソーマの一番大事な考え方は「無理強いしない」「自分で選ぶ」ということ。

4本のボトルを楽しんで選ぶことができるように、自分の人生もまた楽しみながら選んでいくことができるのです。

つまり、自分の人生の選択は、自分で決断し、選び取ること!真の自立を促すためのものといえます。


このオーラソーマカラーケアシステムは、新しい時代に向けての新しいシステムです。新しい時代は、自分自身の人生に責任を持ち自立し、他の人たちとお互いの違いを理解し合うことで、共に協力し合うという時代です。そのような時代の中、オーラソーマ・カラーケアシステムは、一人ひとりがその人の魅力で輝いていくことによりお互いに認め合うことを提案しています。